--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-12-27(Sat)

基礎戦闘編4 ダウンキャンセル

今回はダウンキャンセルについて説明します。
ダウンキャンセルを知ることはソロ戦闘でも重要ですが、
とくにPTで戦う時にとても重要になってきます。

続きは以下から!
読むのが面倒な人のためのまとめは最後です。


戦闘基礎編1で各スキルの簡単な説明をしたとき、
敵はダウンします、と思いつきで付け足したかのような説明が書いてあるスキルが
いくつかあったと思います。それは今回のための伏線だったわけです。

ダウンとは敵が吹っ飛んで寝転がることでした。
連続でアタックをしたり、スマッシュ、カウンターアタック、ウィンドミル、
ファイアボルトなどを使ったりすると、敵がダウンします。
ダウンした敵は、起き上がるまでのわずかな時間ですが、何もできない状態になります。

それではダウンキャンセルとはなんでしょうか。
今まさに寝転がっている、ダウン真っ最中の敵を攻撃すると、敵は即座に起き上がって
次の行動に移れるようになってしまいます。
これを、敵のダウン状態が解除(キャンセル)されるという意味でダウンキャンセルと言います。

このダウンキャンセルは、出来るだけ起こさないようにするべきこと、よくないことです。
上で、ダウンキャンセルが起きると、敵が即座に起き上がって次の行動に移れると言いましたが、
この「次の行動」がアタックだった場合、結果としては、即座に敵の反撃をうけるということになります。

何を言っているのか分からない!という声が聞こえてきそうなので動画に頼ります。

動画では、便利なようでいて実はダウンキャンセルを最もおこしやすいと思われる
ダウンアタックを使って、独りダウンキャンセルを実演しています(゚ロ゚;)



え、どこがダウンキャンセルなの?と思うかもしれないので、少し説明します。
スマッシュ→敵がダウン→ダウンアタックで追撃→再び敵がダウンしています。
この2度目のダウン中に敵を攻撃したためにダウンキャンセルが発生して反撃されているわけです。

これが、上に書いた、敵が即座に起き上がり、かつ次の行動がアタックだった場合です。
即座に敵の反撃を受けているのが分かると思います。
ダウン中の敵に攻撃すると反撃を喰らう、と覚えても問題ないと思います。

このように独りでもダウンキャンセルを起こしてしまうことはありますが、
一番発生しやすいのはやはりパーティで戦っている時でしょう。

マビノギでは、たとえパーティでの戦闘であっても、
1体の敵をみんなでボコボコにするということは、ボスなどを除けば基本的に無いと考えてください。
その理由の一つが、このダウンキャンセルです。(あくまで理由の「一つ」です。)

たとえば、1体の敵を壁際に追いつめて、それを3人で攻撃しようものなら
ダウンキャンセルを意図的に回避することはほとんど不可能で、誰かが敵の反撃を喰らうことになるでしょう。
また、乱戦状態では、ウィンドミルを使った結果、ほかの人がダウンさせた敵に意図せずヒットしてしまい
ダウンキャンセルを引き起こすというようなこともよく起こります。

パーティでの戦闘でダウンキャンセルを起こさないようにすることは
余程注意しても正直なところ困難な場合が多いと思います。

ですが知っているのと知らないのとでは大きな差が出ます。
時には、敵と戦っている味方に加勢「しない」という判断もあり得ます。
加勢するのであればダウンキャンセルに注意する必要があります。


読むのが面倒な人のためのまとめ

1.ダウン中の敵を攻撃しないようにする

2.1は特にパーティ戦闘で重要。他の人と同じ敵を攻撃するときは注意!



今回はここらで終わりです!
ダウンアタックのあと攻撃してもダウンキャンセルが起きないようにするにはどうすれば!という
疑問が解決される日は果たしてくるのでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

悠久の楽園

Author:悠久の楽園
一番なうい「死んでもチャット!!!」

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
記事更新カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。