--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-12-17(Wed)

基礎戦闘編3 スキルの強弱関係 実践編

今回は、前回の内容「スキルの強弱関係」の実践的内容?です。
前回は、基本5スキルの強弱関係なんて、格闘や忍術や、ましてや遠距離武器の銃や弓には
全然まったくもってこれっぽっちも関係ないのではないか!?というところで終わっていました。

剣以外でもスキルの強弱関係はマスターする必要があるということを
忍術と格闘を使って説明します。


今回は敵の○○に対して、これをすればいい、という形での説明は難しいので
敵の○○に対して、これはあまりよくないというものを紹介します。

まずは忍術からいきましょう。
忍術スキルのうち、主な攻撃スキルである以下の4つを扱います。

螺旋斬                   乱れ苦無
螺旋  乱苦無

闇討ち                   桜時雨
闇討ち  桜時雨

 ①敵のディフェンスに対して
   螺旋斬は敵のディフェンスによって防がれます。
   ただ、螺旋斬は遠距離攻撃なので、防がれた後、
   カウンターやディフェンスなどで対応することは十分可能です。
  
   また、手裏剣をもっていてもスマッシュは使えるので、ディフェンスにはスマッシュという
   基本5スキルの強弱関係を使って対処することもできます。
  
   乱れ苦無もディフェンスによって防がれますが、3回ヒットするうちの1回目だけを防がれて、
   2~3回目はちゃんとヒットするので問題ないと思われます。

 ②敵のアタック、スマッシュに対して
   敵のアタック、スマッシュに対して乱れ苦無を使うのは危険な場合もあります。
   乱れ苦無が発動してから敵にヒットするまでの間に、
   敵のアタックやスマッシュがこちらにヒットすることがあるからです。
  
   別の忍術スキルや、敵のアタックにはカウンター、ディフェンス、ウィンドミルという
   基本5スキルの強弱関係を使って対処するのがいいかもしれません。

 忍術の注意点はこれくらいでしょうか(゚ロ゚;)
 基本的に遠距離攻撃なので敵のスキルの影響を受けることが少ないです。
 敵のアタック、スマッシュ、カウンター、ウィンドミルに対して、
 こちらの闇討ち、桜時雨、(乱れ苦無)のいずれでも対処することができます。

 ただ、これを読んで、うひょ~忍術ラクチン!と思わないようにしてください。
 癖のあるスキルが多いこと、修練が大変なことなどから、
 初心者が選ぶと苦労する可能性が高いと個人的には思います。



続いて格闘術に参りましょう。
格闘術は、コンボの出だしのスキルがダッシュパンチとチャージングフィストの2つしかないので、
特にこの2つについてマスターしておくのが重要だと思います。
取り扱うスキルは以下の6つです。

ダッシュパンチ              チャージングフィスト
ダッパン  チャージング

サマーソルト               スクリューアッパー
サマソ  スクリュー

パウンディング              ドロップキック
パウンディン  ドロポキック

 ①敵のアタックに対して
   敵のアタックに対して、マビノギのwikipediaによれば、ドロップキックが競り負けるということに
   なっています。が!よく分かりません(゚ロ゚;)
   敵のアタックに勝てる時もあるし負ける時もあるような気がします。
   格闘術の他の5つのスキルや、ディフェンス、カウンター、ウィンドミルなどで対処するのがいいでしょう。

 ②敵のディフェンスに対して
   敵のディフェンスに対しては、格闘術の6つの攻撃スキルのうち、4つが防がれてしまいます。
   ダッシュパンチ、チャージングフィスト、スクリューアッパー、サマーソルトです。
   (残りの2つ、パウンディングとドロップキックは敵のディフェンスなどお構いなしに攻撃できます。)
   敵のディフェンス解除を待ったり、ナックル装備でも使えるスマッシュなどで対処しましょう。

 ③敵のカウンターに対して
   敵のカウンターに対する強弱関係はディフェンスの時と全く同じです。
   パウンディングとドロップキック以外は返り討ちにあいますので、
   基本5スキルのウィンドミルなどで対処しましょう。

 ④敵のスマッシュに対して
   敵のスマッシュに対しては、ドロップキックのみが競り負けてしまいます。
   格闘の他の5つのスキルや、アタックなどで対処してください。

 ⑤敵のウィンドミルに対して
   敵のウィンドミルに対しては、ダッシュパンチ、チャージングフィスト、
   スクリューアッパー、サマーソルトが返り討ちにされてしまいます。
   ドロップキックとパウンディングはどうだったか忘れたので調査します(゚ロ゚;)

格闘術は総じて守りに入った敵を攻撃するのには不向きだと言えるかもしれません。
しかし、敵のアタックやスマッシュに対してはめっぽう強いので、
マビを始めたばかりの人でもかなり扱いやすい部類に入ると個人的に思います。



今回はこれで終わりです。
格闘と忍術だけを見ても、スキルの強弱関係と、5つの基本スキルの重要性が
分かるのではないかと思います。(分からなかったらすみません@@)

魔法や銃、弓その他のスキルでも少なからず強弱関係を知ることは必要になります。
マビノギの戦闘では、単純に強い弱いでは片付かない問題がたくさんあります。
負けてしまったのは自分が弱かったからだ、とか敵が強すぎたんだ、と思っているうちは
なかなかうまく戦えるようにはならないと思います。

失敗したときは、何がダメだったのか、どうすれば倒せるようになるかを考えながらプレイしてみてください。
以上!(゚ロ゚;)


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

ちなみにドロップキックが競り負けるのは相手の武器が早い武器の場合。スマじゃないアタックで速い、もしくはとても早いだと簡単に競り負ける。幽霊とかライカンのアタックとか対人だったらもうそれはそれは・・・
プロフィール

悠久の楽園

Author:悠久の楽園
一番なうい「死んでもチャット!!!」

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
記事更新カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。